平成30年度岡山県中小企業合同入社式

先日、4月より加わった3名の新入社員と一緒に「岡山県中小企業合同入社式」に参加してきました。

私たちの規模では、なかなか荘厳な雰囲気の入社式を実施することは難しいため、公益財団法人岡山県産業振興財団さまのご厚意で、県下の中小企業から参加を募り合同入社式を実施していただいています。

33社、64名が参加したこの合同入社式のあとは、2日間の研修に入ります。

私は、ライバルは社外につくるべきだと考えています。

社内の同期や先輩をみて頑張ることももちろん大切です。しかし、社外に切磋琢磨できるライバルをつくることで、自分の立ち位置を客観視できたり、「あいつも、今頃頑張ってるだろうな」という励ましにもなります。

髪の毛は、一日どれだけ伸びたかよく分かりません。

でも、1ヵ月も経てば、その変化は明白です。

社内だけ見ていると、周囲や自身の成長スピードも変化も分かりにくくなってしまいます。だから、ライバルは社外にもいたほうがいい。

くろがね産業の新人3名も、研修で知り合った仲間とは、ぜひ切磋琢磨できる関係を築いていってほしいと願います。

今年はかなりの新人教育の研修を計画しています。

ただの「研修」に終わらせず、「ご縁」と思い、その縁を紡いでいってもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA