西郷どん

NHK大河ドラマにて『西郷どん』が始まりました!

私淑する稲盛和夫さんが京セラの社是を「敬天愛人」としているほど尊敬してやまない西郷隆盛です。

また、安岡正篤にして「偉大なる君子」、「深沈厚重」、と言わしめた西郷南州の人生はいかなるものなのか。

毎週末が楽しみになりますね。

そんな中、年末にプレジデント社より「無私、利他 ―西郷南州の教え」という書籍が出版されました。

プレジデント書籍編集部が西郷の人生を分かりやすくまとめたものですが、監修を稲盛和夫さんがされているとあって、非常に興味深く読みました。

「人生の王道 ―西郷南州の教えに学ぶ」(稲盛和夫著 日経BP社)と合わせて読むとより深く理解できると思います。

深沈厚重なるは、是れ第一等の資質なり

磊落豪雄なるは、是れ第二等の資質なり

聡明才弁なるは、是れ第三等の資質なり

(呂新吾「呻吟語」)

なぜ、いま西郷隆盛なのか。

それは、企業の不祥事などが頻発する現代社会では、聡明才弁型リーダーばかりで深沈厚重の人物が居ないからだ、と言われているような気がします。

私はまだまだほど遠いですが、そういう第一等の資質に近づきたいと切に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA