お客様の視点で考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くろがね産業の物流課に所属するKくんは、
どこにいってもお客様からの評価が高いです。

営業担当者がお客様に訪問した際に、
そういうお褒めをいただいたという報告を受けますし、
私も直接お取引先さまより聞いたりしています。

彼は大型トラックのドライバーですが、
もともとは某カーディーラーの整備士だったのでサービス業出身です。

お客様から評価をしていただけるのは、彼が常に「お客様の視点」を考えているからです。

お客様第一主義とは

くろがね産業では「お客様第一主義」を掲げています。
それは、我々の行動指針である「くろがねフィロソフィ」の中に
「お客様第一主義を貫く」という項目があることにも表われています。

たとえば、フィロソフィにはこのように書いています。
「効率という名のもとに、私たちの都合をお客様に押しつけて不便を強いてはいないか」

我々は仕事を進める上で効率化を図っていかねばなりません。
特に人不足の今では、効率化は避けて通れません。

しかし、そこにお客様の視点がなければ、
私たちが勝手に決めたルールをお客様に強いるだけです。

基幹システムの変更や指定伝票、請求書必着日の短縮など、
自分たちにとっては都合が良くなるけれども、お客様にとってそれは違うかもしれません。

だから、私たちはよくよく考えて、
「それはお客様にとってメリットがあるか」という視点を持つべきです。

視点を変えるために気をつけること

ではそのために何をどう気をつけるのか。
私は、「主語を自分からお客様に変える」ことだと思います。
「私はこう思う」、「私はこうしたい」から、
「お客様はこう思う(だろう)」、「お客様はこうしたい(だろう)」
と一旦「私」を外して考えることで、独りよがりにならない考え方ができると考えます。

これは人間関係にとっても同じです。
「Aくんはこう思う(だろう)」、「Bさんはこうしたい(だろう)」
と考えることで、相手の気持ちを汲み取り、円滑な人間関係が築けると思うのです。

主語を変えるだけで、利己から利他に切り替えることができます。
「相手の気持ちになって考えよう」といっても何をしていいかわからない場合は、
このように主語を変えればいいと思います。

冒頭で紹介したKくんは、主語を変えて考えることが習慣になっていますから
特に意識していないと思いますが、当たり前にできるレベルになることが大切ですね。

「あたりまえのこと」が「あたりまえにできる」状態こそが差別化です。

皆さまのもとにKくんが伺ったときはよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くろがね産業を支える2つの経営理念

当ブログにお越し頂きまして誠にありがとうございます。

私が代表を務める「くろがね産業株式会社」は、

全社員の物心両面の幸福を追求すると共に
環境技術によって持続可能な社会の発展に貢献する

という経営理念を掲げております。

 

そして、その経営理念を支えているのが

この2つの大切な考え方です。

 

大家族主義の経営

 

人生のなかで、仕事をしている時間はとても長いものです。

その人生の大半を占める仕事のなかで、職場の仲間と苦楽を共にし、

信頼しあえる家族のような関係を築くことが私たちの目標です。

会社の仲間だからこそ心を許せる、

相手のことを思うからこそ厳しいことも言える、そんな関係を目指しています。

 

全員参加の経営

私たちは、単なる労使関係ではなく、

ともに会社をつくっていくパートナーとして、

誰もが自分の意見を言い、経営を考え、それに参画することができます。

そしてこの経営への参画を通じて一人一人の自己実現が図られ、

人生をより充実したものにしていきたいと考えています。

 

 


「くろがね産業」を覗いてみて下さい!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA